〜〜またまた、人気商品レディーズプエラリア99%が雑誌に掲載されました! その雑誌とは・・・NY・パリ・ミラノなど、世界中から発信されるトレンドを紹介している有名女性誌!GINZA(2月号)です。『理想のセレブ体形別 美ボディはセルフで作る!』という特集の中に「高機能サプリメントで女らしさを死守」というタイトルで紹介されていまするんるんプエラリア1/18〜31日まで新春ありがとうセール開催中デス〜〜

2009年09月06日

笑顔のない女性は魅力ないです

先日、久しぶりに駅に行きました。
この日は、朝から雷が鳴っていて、
出かける頃になって、雨が降り出し、イヤな感じでした。

最近この駅に22.3歳の女性の駅員さんがいます。
この駅はそんなに大きくもなく、駅員さんも
男性が5.6人とその女性の駅員さん1人かと思います。
・・・はっきり数えてはいませんが。

この日、駅が混乱していました。
雷の影響で信号機が故障。ダイヤが乱れていて、
汽車がかなり遅れているとの事。
駅にいる人も、苛立ち気味です。

会社に電話を入れる人、
「だから〜、いつ汽車が来るかわからないって!!」
つい、声を張り上げる人。
待ち合わせをしている友達に、
「ごめん・・・」と電話してる人。

そして、お母さんが切符買いに行っている時に、
小さな子どもが、泣き出してしまって・・・

私、見てしまったのです。
その女性駅員さんが、その子をギロッと睨みつけたのを。
・・・ちょっと、相手は子供だよ、そこで睨むのむかっ(怒り)
確かに、こんな時の子供の泣き声は、余計いらだちますが、
ちょっと違うかと?!

すると、同じ年くらいの男の駅員さんが、
「どうしたの?お母さんいないの?」
子どもと同じ目線になるように、しゃがんで話しかけました。

この違いって、すごくないですか?
これが逆だったら、
さすが女の駅員さん、いいな〜と思うのですがバッド(下向き矢印)

改札口で「この切符ちがいます」女駅員さんの声。
「今度から気を付けてください」威張った言い方。

詳しい事はわかりませんが、
物には言い方というものがあります。

「切符がちがうようですが・・・、お気をつけくださいね」
ニコッとして言われたら、
間違えた方も、気をつけようと思うものです。
「すみません」の一言も言えます。

が、上から目線で、ニコリともせずいわれたら、
スゴク不愉快です。
わざと間違えてはいないのですから。。。

その注意された方も、無言で改札出られました。

そう言えば数か月前、地元の新聞に
「女性駅員誕生」なんて、書かれていたな〜
この人の事? がっかりです。

「女性だから」という言い方は好きではありませんが、
女だからできる事ってあると思います。
ちょっとした、気配り、優しい話し方・笑顔。
笑顔って、気持ちをほぐしてくれますもほね。

駅を利用する人にとって、
その人が新人かベテランかは関係ありません。
その時、気持ちよく対応してくれるかどうかです。

つっけんどうな言い方で、
ブスッとニコリともせず言われたら、
「何、ここの駅は」って、
私なら思ってしまいます。

笑顔のない女性は可愛くないexclamation×2
つくづく、そう思ってしまいました。



posted by 恋色 at 13:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

「自分を信じる」

ゴルフの宮里藍選手が優勝しました。
テレビでよく放送されていたから、ご存知ですよね。

このインタビューの中で、印象的だった言葉。
正確には忘れましたが、
「自分を信じてやってきました。
 (優勝できなかった)4年間は、遠回りでも、無駄ではなかった。
 私には、それだけ時間がかかった」

スゴイですね。
なんだか、「へ〜」って、思ってしまいます。

4年って長いですよね。
それをただ、信じるだけで、すごせるのだろうか・・・
もちろん、いろいろと挫折や迷いはあったのでしょうが、
それでも信じて、ずっと続けるって。。。

私には出来ないです。出来ないと思います。
たぶん・・・ムリデス・・・

その力は、どこから出てくるのでしょう。
そのエネルギーは、どこからわいてくるのでしょう?

周りにいる、キャディーさんや友達の力も大きいのでしょうが、
それだけで、4年を過ごすって、すごいです。

自分を信じる って、簡単そうで、難しいです。
根気と忍耐と、ホントに信じるって事を要求される。

自分の弱さを知っているのも、自分自身です。
強い部分・もろい部分、いい加減なところ。
自分が一番よくわかっているはず。

それを克服するって、並大抵の気持では出来ない

あせり・いらだち・逃避
普通の人なら、みな やめてしまうかも。。。

優勝が決まった時、目をうるませて、
帽子を深くして、顔を隠し、泣いていた。

彼女の姿は印象的でした。
涙拭きながら、見せた笑顔は、
ホントいい顔で、素敵でした。

一つの事をやり遂げた、
自信と喜びに満ちた笑顔。

私はどこまで、自分を信じる事ができるだろうか
・・・そう思わずにはいられませんでした。
posted by 恋色 at 00:56| 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

これ いいですよ。

友達が、「これいいよ」って教えてくれました。
見ていて目がウルウルしてきたと。
中身教えてくれなかったので、
何かな〜と思いながら クリック
  ⇓
http://bakugeki.xsrv.jp/pchan/public/l.php?k411&12452&86m3

  私も、ウルウルしてきました。

  出来れば、男性の方に見ていただきたいです。

  ほんの一言で 優しくなれます。 気持ち 伝わります。
posted by 恋色 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

あなたの売りはなんですか?

今日、タイトスカートはいて、
ブラウス着て気持ち高めのヒールの靴はいて、
出かけました。

向かった先は・・・某会社の面接

こっちに帰ってきたのはいいものの、仕事がない。
どこかないかと・・・職探し。
2.3ヵ所受けて・・・・

履歴書ってどう書いたっけ?
面接って、気をつける事なに?
ずいぶんしてないから、忘れてしまった。

うるおぼえの記憶をたどりながら、
履歴書を書き、ブレザーまではいいかと、
ラフな?スカート姿。
こういう時は、タイトがしっくりきます。

2.3受けた面接、
あなたの売り(いいところ・長所)はなんですか?」
この事をどの会社でも聞かれました。

迷わず
「笑顔です。皆さん、いい笑顔するといってくださいます」と
答えました。・・・私。見かけによらず短気なんですけどね。
何故か、「その笑顔がいい」といわれます。

すいも甘いもわかってきたから出来るのかなこの笑顔ナ〜ンテ、
私はいったい幾つなの??

人生いろいろあります。
詳しくは書きませんが、
女として様々な事経験しました。

10代の時の笑顔と今の笑顔は明らかに違います。
10代は汚れを知らない少女のあどけない笑顔。
今は・・・辛い事・泣いた事、知った上での笑顔。

困難を乗り越えたら、その分人は優しくなれます。
魅力的になれると思います。
そして、本当の優しさ、
辛さや厳しさ味わった上での笑顔は、
違います。

 ・・・私の笑顔が、どうという事ではなくてね。

よく「人の痛みをわかる人になって・・・」なんて言いますが、
その人の痛みはその人にしかわかりません。

でも、同じような悩み・痛み味わった人なら、
その人のホントの痛みはわからないにしても、
10のうち4でも5でもわかるかも知れません。

笑うこと忘れ、そのつらさ乗り越えたなら、
再び笑った時の笑顔は、疑うことなく輝いています。

にこ〜ってしている私に
「いいね、いつも笑っていて、悩みなくて。」
という人もいます。

心の中で「悩みないわけないでしょ!!」とつぶやいています。
「この人にいってもわからないよね〜」
だから、「そう見えますか?」でやめます。

作り笑顔ではないホントの笑顔。
その裏には、つらい思い・悔しい思い、
人には言わないけど、そんな思いしてるから、
優しくなれる。強くなれる。
あったかい、優しい笑顔になる。
男も女も。そう思うのです。

知ってます?
「神様は、乗り越えられない壁は与えない」そうです。

今、私はイライラの毎日。
でも、きっと この壁も越えられますよね。

ここふんばれば、もっといい笑顔できますよね。

私の売りの笑顔、なくしたくないです!!

   とりとめもなく、まとまりません。
   ここでやめます。
   わけわからない文章、お許しくださいあせあせ(飛び散る汗)


「あなたの売りはなんですか?」
この問いに、何でもいい、「ウ〜ン」と考えることなく、
「**です」と答えられたらいいですね。
それは、間違いなくあなたの魅力だから。わーい(嬉しい顔)
posted by 恋色 at 22:00| 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

3回も言う?!「ごちそうさまでした」

我が家にはおばあちゃんがいます。
正確には「母」ですが・・・私の実母です。
いつの間にか、「おばあちゃん」になっています。

私に子供が出来て、
子供が「おばあちゃん」と呼ぶようになってから
私も「おばあちゃん」・・・ナンダカ 日本語って面白いですね。

そのおばあちゃんですが、80になります。
もう、耳も遠くなり、歯も悪くなり、
体はガタガタといったところです。

まだ、話はわかるので・・・時々わからない時もありますが。
少々大きな声で、どなってるように聞こえそうな感じで、
話しています。

うちのおばあちゃん、夕飯はみんな揃うまで、
食べずに待っています。
もちろん、夕飯時に家にいる者を。です。
帰りが遅くなるのがわかっていれば、
いえ、わかっていても、
「まだ帰らないの?」ブツブツいいながら、食べます。

食べる前は、手を合わせて「いただきます」
食べ終わったら、
「ごちそうさまでした。ありがとうございました」
まるで、小学校の給食の時間を思い出します。

「手を合わせてください。いただきます」
皆さんも覚えありますよね?!

「ごちそうさまでした」を手を合わせて、2度3度。
この時だけは(ごめんね)おばあちゃんが、
とても可愛く思えます。
「おいしかった、ありがとう」
なんだか、微笑んでしまいます。

いつもは、聞こえないからこっちもつい大声になって、
時にはムッとなるのですが、
ホントにこの時だけは、
何か教わる気がします。

1時間も2時間もかけて料理しても
食べるのはほんの10分20分。
少々味が薄くても、濃いくても、
ブツブツ言っても食べてくれる。
そして「ごちそうさまでした ありがとう

この感謝の言葉には、ついホロリ

優しい気持ちになれる、ひと時です黒ハート
posted by 恋色 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

男性は女性におごるもの?!

先日、あるテレビ番組で、
「女性は男性におごられるものと思っている」と、
怒りの発言があり、これに対して、トークが繰り広げられました。

う〜ん、私は、場合によっては、おごられっぱなしで、
場合によっては3回に一度くらいは出します。

相手が、会社の上司や年上の人だったら、
こちらが出す事によって、
立場がなくなる事もあるでしょうし、
彼や同僚だったら、毎回おごってもらうのは気が引けるので、
数回に1回くらいは出したいです。

ただこのとき、レジに行ってからどうこうではなく、
席を立つとき、伝票を手にする時に、その旨伝えた方が、
いいですね。レジでどうこうしてるのって、見苦しいきがします。

男性によっては、女性におごられる事を嫌う方もいます。
でも、やはり、「おごってもらって当たり前」的考え方は、
同じ女性として、イヤですね。

誰しも、いつも財布の中に
大金が入っているわけではないでしょうし、
「ごちそうさまでした」「ありがとう」の言葉は、
忘れたくないものです。

ある人が、100円の缶コーヒーおごって、その女性に
「昨日はありがとう」と言われ、
周りにいた人に、何事かひやかされ困ったとか。

は〜、それは誤解のもとかも!!デス。
彼女がわざとそういったのか、
何も考えず言っただけなのかは?ですが、
その時お礼言っていれば、それで済むのにね。

ただ、この番組で、「男がおごる時は下心がある」との発言。
「タダより怖いものはない」は大げさかもしれませんが、
おごられる女性も、美味しいものにつられて、ついていくより、
チョット考えた方がいい事もあること、
忘れない方がいいかもしれません。

せっかくの食事orお酒etc
ごちそうになったら、「ごちそうさまでした」を忘れずに、
この場限りのお付き合いではなく、
いい関係が保てたら、いいですね。


posted by 恋色 at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月16日

「お疲れ様です」にホッ〜!!

仕事終わって、「今日も終わった〜」グッド(上向き矢印)
いっときの開放感を味わいながら、夕飯のお買いもの。

レジに行くと、普段あまり話をしない夜のバイトの男の子が、
顔を見て必ず「お疲れ様です」と言ってくれます。
私は、この言葉に、ほっとします。
会計終わって「お先に」「お疲れ様でした」

お客としてきているのだから、「いらっしゃいませ」でしょ。
なんて、固い事はいいません。

だって、この「お疲れ様です」は、
私の心に気持ちよく響くから・・・!!

マニュアル通りの言葉より、気持のこもった言葉がいい。
どこかでよく耳にする「いらっしゃいませ、こんにちは」
顔を見ずに言われても、機械的で、何も感じない。

今更だけど、
「お疲れ様」って気持ちいい言葉だな〜と思いました。
彼が、ちゃんと相手の顔を見ていっているから、
伝わるのでしょうね。

たった、5.6文字の言葉だけれど、
彼に対する信頼感はまし、
頑張ってねと、応援したくなる私です。


posted by 恋色 at 12:26| Comment(0) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

「すみませんでした」が言える人

今日、店でチョットした騒ぎがありました。
騒ぎというと大げさですが、ヒヤっとしました。

3.4歳くらいの子供連れて買い物に来られていたお母さん。
レジしている時お母さんが「ア〜!!出ちゃダメ〜!!」
慌てて外へでられ・・・??

事情を呑み込んでいない私は、「何ごと?」
会計がまだ終わっていなかったので、
どうしたものかと思っているところに、
子供の手を引いて戻ってこられました。

「外に出ちゃダメでしょ。危ないのよexclamation×2
この一言でわかりました。

お母さんがレジをしている時に、
お子さん一人で店の外へ出てしまい、
それに気づいたお母さん、慌ててあとを追われたのです。

店は車の量が多い道路に面していて、
夕方になると人どおりも多く、
お母さんの慌てようも、うなずけます。

お母さん、レジでも子供叱りながら、
私や、後にいらしたお客様に、
「ご迷惑おかけしました。すみません」
何度も頭をさげて、そう言われたのです。

私も、後にいらしたお客さまも、
「何もなくてよかったですね」
そう、答えていました。

迷惑かけたり、悪いことしたら、謝るのは当たり前の事です。
でも、今、「ごめんなさい・すみません」
この言葉を、素直に言える人って、少ない気がします。

まして、お客様として来ている人は・・・

店の中、我が子供が走り回っていても、
見て見ぬふりしているお母さんがいます。
叱っても、「走り回ってはダメよ。店の人が怒るでしょ」
これって、おかしくないですか?
店の者が怒らなければ、走り回ってもいいの?
そうじゃないですよねexclamation&question

走り回って、人にぶつかってはいけないし、
転んでどこか打ってもいけない。
年配の方もいらっしゃれば、目の不自由な方も来られる。
人に迷惑かける事になる。
それを、店の人が・・・と言われてはもうやだ〜(悲しい顔)

そういうお母さんをよく見るからでしょうか、
我が子をしかり、「すみません」と言われたお母さんを、
すごいな、いいお母さんだな」と思ってしまいました。


「何事もなくてよかった・・・!!」
心からそう思え、何か、大切な事教わったような気がしましたわーい(嬉しい顔)


posted by 恋色 at 00:51| Comment(0) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

あかないフタ・黙って開けてくれた人

2か月ほど前、久しぶりに電車に乗った時の事です。
慌ただしく、駅に行ったもので喉が渇き、
ペットボトルのお茶を買って、
やっとあいている席見つけて一安心。

さあ、飲もうと開けようとしたのですが。。。
あかない・・・あかない・・・
4・5回繰り返してもあかない(/_;)


周りは、知らない男性ばかり。
「開けて〜」とは言いづらく、諦めた時、
前の男性が、黙って手を差し出してくれました。

「エッ?」と思ったら、グッとヒトヒネリ。
開きました〜\(^o^)/


「ありがとうございます」ってお礼言ったら、
「ニコッ」って微笑んで、うなずかれて、
雑誌をまた読み始め・・・

なんだか、すご〜く、
しあわせな、優しい気持ちになれました。
その時飲んだ、お茶は格別おいしかった。


「開けましょうか?」とも言わず、
差し出された手に、
余計やさしさ感じたりして。。。
 

顔もはっきりと覚えていないけれど、
ステキな方でした。

posted by 恋色 at 22:40| Comment(0) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

こんな人が上司なら・・・と思った男性

私はあるスーパーに勤めています。
商品の発注・検品・レジ等、バタバタの毎日です。

当然のことながら、いろいろな方が来られます。
 
 この人が上司ならいいな・・・ナンテ思う方も。

ある飲食店のチーフがよく買い物に来られます。
店の材料と「会計は別で」と、バイトの女の子用に、
シュークリームやパン、ジュース類を人分買って行かれます。

 「夜忙しくて、ゆっくり食事を取る時間がないから。
おなかすかせたらかわいそうだから」との事。
  きっとその人の方が忙しくて、
ゆっくり食事はとれないのでしょうに・・・


   いつだったか、ショートケーキを買って行かれ、つい
「あれ、今日はケーキですか?」と聞いてしまいました。


「今日はバイトの子の誕生日でね。ケーキでもと思って!!」
「そうですか、きっと喜ばれますよ」
その方は、ニコッと照れ笑いされました。

「そうか、誕生日か、何歳になった?」っていうのは、
よくあるパターンだと思いますが、
誰が誕生日だからって、バイトの子にケーキくれますか?

 なんだかね、
私はこのお店で働いている女の子たちが
うらやましくなりました。


単純な考え方かもしれませんが、この人の下で働いたら、
皆気持ちよく、一生懸命仕事するだろうなと
思ってしまいました。
2コ400円のケーキですが、きっと美味しかったでしょうね。
だって、温かい気持がこもったケーキですもの。


  人って、大切にされていると思ったら、
  頑張れると思うのです。


逆に悪く言われていると思ったら。。。


それは、家庭でも職場でも、学校でも同じ事かと。
人と人の結びつきは、人間関係の基本は、
案外単純で、簡単なことかもしれませんね。

 この人の奥さんって、素敵な方だろうな・・・
  こういう方と結婚したら、楽しい人生送れそう・・・
  ナンテ、私の甘い考え方でしょうか?!

posted by 恋色 at 22:30| Comment(1) | 心に残った今日の出来事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。